収益物件を購入する際には利回りをしっかり確認しましょう

集合住宅

不動産投資を始める

積み木

不動産投資とは、利益を得ることを目的として、不動産を購入することをいいます。アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却することで、その差額を得ることです。最近では、都心を中心に不動産投資が多く行われており、今後も注目される投資方法の一つとなっています。最近では、売却益よりも家賃収入を期待して投資する不動産投資が主流になりつつあります。投資方法となれば、その他にもありますが、不動産投資の特徴としてあげられるのが、比較的低リスクで長期的に安定した収入を得られ、節税効果も期待できます。最近では、サラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方が多くいます。不動産投資といっても、マンションの一室に投資するものから、一戸建ての物件やアパート一棟、マンション一棟への投資など様々な形があります。また、新築または中古物件によってもリスクや収益が異なるため、しっかりとした運用計画を立てた上でしっかりとした投資スタイルが必要になります。自己資金管理や投資目的に応じてふさわしい投資を行っていきましょう。初めて不動産投資を行う方の場合は、十分なシュミレーションを行う必要があります。実際にどれだけの自己資金が必要で、どれくらいの収益を期待することができるのかをしっかり計算した上で投資を始めましょう。また、不動産投資を始めるにあたって、メリットとデメリットの理解も必要になります。投資ということで、リスクはつきものです。そのリスクを最小限にするためにも、しっかりとした計画性が必要になります。