収益物件を購入する際には利回りをしっかり確認しましょう

つみき

管理業者に委託

投資用のマンションを購入するにあたって、考えないといけないのがマンション管理業務です。マンション管理とは、集金管理や募集、クレーム対応といった業務を行います。多くの投資家はマンション管理を専門に取り扱う業者に委託しているのです。

着実に収益を選ぶ方法

住宅模型とお金

収益物件とは家賃収入から利益を得る目的で購入した不動産物件のことをいいます。収益物件に大きく分けて3つあります。1つ目が住居になります。この住居というのは、アパートやマンションのことをいいます。手ごろの価格から購入することが可能で、物件数も豊富です。初心者の方であれば、住居性の収益物件から購入される方が多くいます。2つ目は事務所になり、これは主にオフィスビスのことを指しています。これは、借り手は個人ではなく法人であることが住居系との大きな違いになります。法人は賃貸期間が長い場合が多いので、長期に渡って、安定した収入を見込めます。そして3つ目は、テナントになります。主に店舗や倉庫のことをいいます。飲食店や、コンビニエンスストアなどの店舗はその店舗を所有しているわけではなく、基本的に不動産オーナーから店舗を賃貸しているケースが多くあります。収益物件を購入するにあたっても最も気になるのが、利回りの相場になります。利回りの相場は、一番住居が低くテナントが高くなっています。この利回りのいうのは表面利回りとしてなります。利回りを見ればテナントが一番利回りが高くてよいと思いますが、実は利回りの低い住居の場合はその他の事務所やテナントに比べて、空室のリスクが低いため、管理費や修繕費などのランニングコストを安く抑えることができます。このように表面利回りだけで選ぶのではなく、実質の利回りを計算した上で収益物件を決めていく必要があります。その点を踏まえて気をつけて収益物件を購入するようにしていきましょう。

積み木

不動産投資を始める

不動産投資は近年注目を浴びている投資方法の1つになります。投資方法の中でも不動産投資は比較的低リスクで長期的に安定した収入を得ることができます。初めて不動産投資を行うのであれば、しっかりと先を見据えて資金管理を行っていきましょう。

マンション

投資の運用方法

投資用マンションを購入して、不動産投資を行う方が多くいます。投資用マンションの運用方法に様々な方法があるため自分に合った方法で行うといいでしょう。物件を購入するにあたって立地がとても重要になるので、考えて購入するようにしましょう。